研究室から‎ > ‎each‎ > ‎

本間 洋子

周産期医学、新生児の呼吸生理、ハイリスク児のフォローアップ

教育

  • Adventure in Parenting子育てという冒険 今、子育てが大きな問題となっています。今年3月卒業した本間ゼミの10名が、3年生の時にNICHDから出されている一般向けの啓蒙パンフレット[Adventure in Parenting]を翻訳しました。日本語に訳すと「 子育てという冒険」というタイトルですが、子育ては必ずしも大変なものではなく、チャレンジングなわくわくする大切な仕事であるという意味が含まれているタイトルであると思います。
    投稿: 2012/09/04 22:01、yoko honma
  • 卒論を発表(生活文化専攻丸山祐貴さん) 当ゼミ生の生活文化専攻丸山祐貴さんが20011年2月22日に東京医療保健大学(東京、品川区)で行われた第13回家政関連卒業論文・修士論文発表会で卒業論文「若い女性のボディーイメージ〜女子大生へのアンケートを通して〜」を発表しました。  胎児期の低栄養は将来の成人病発症要因となるというBarker仮説が、様々な観点から研究されています。妊娠前のやせ、妊娠中の体重増加不良は、胎児の低栄養をきたし、出生体重が少ないことが報告されています。そのような問題のある生殖年齢女性のやせですが、若い女子大生はやせをどのように考えているのか、その意識調査を行って解析しました。
    投稿: 2011/09/26 23:31、yoko honma
1 - 2 / 2 件の投稿を表示中 もっと見る »

研究・実践

  • dummy
    投稿: 2011/09/21 2:41、2010 seibunsite
1 - 1 / 1 件の投稿を表示中 もっと見る »

「~水と空気と食べものの安心のために~」

2011/04/08 0:38 に yoko honma が投稿

震災後の原発事故で放射能に対する不安が高まっています。子どもに接する皆さんにも是非知って欲しいと思います。
 以下の厚生労働省からのお知らせをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000014hcd-img/2r98520000014hdu.pdf

頑張ろう

2011/04/08 0:24 に yoko honma が投稿   [ 2011/04/08 0:36 に更新しました ]

今回の震災で、私の故郷の福島は震災に加えて原発事故により苦難の時を過ごしている方が大勢いらっしゃいます。福島の避難所を巡回したときに、この歌に出会いました。震災に立ち向かう福島の人を応援するだけでなく、人生の応援歌とも思います。是非皆さんに聞いて欲しいと思います。

早期保育と幼児期の発達に関するNICHD研究

2010/07/24 8:38 に 2010 seibunsite が投稿   [ 2010/07/24 8:40 に junichiro inutsuka さんが更新しました ]

半年をかけて4年生が悪戦苦闘しながら翻訳した「早期保育と幼児期の発達に関するNICHD研究」です。日本とシステムが同じではありませんが、非常に参考になると思います。

1-3 of 3