研究室から‎ > ‎each‎ > ‎犬塚 潤一郎‎ > ‎

卒業論文について

2010/07/24 12:13 に 2010 seibunsite が投稿   [ 2010/07/24 12:14 に junichiro inutsuka さんが更新しました ]

当ゼミでは、卒業論文・研究に取り組む4年生に対して、自分の関心や興味を持つテーマからはじめるのではなくて、自分がこれまで学んできた、あるいはしっかりと身につけたいと考えている、「方法」を明らかにすることからはじめるように指導しています。関心やテーマはその時々で変わること、またそこに自由もあると考えています。一方、何を研究対象にするにしても、それをどのように取り上げるのか(自分の視点)ということについての意識こそが、その人の個性と力に結びつくものと思います。論文に取り組む過程を通して、「方法」についての自分なりの完成を目指すとすれば、題材は何でもいいのですが、自分の関心や興味のあるテーマを選ぶことにすれば、必然的に待ち受ける研究の困難に対しても、努力するエネルギーがそれだけ自然に得られるものでしょう、とそのように考えて研究計画を立てるようにアドバイスしています。例年、論文題目はバラエティに富んでいますし、内容も執筆者の個性を強くうかがわせるものが多いのですが、取り組む方法は概してオーソドックスなものです。

Comments