研究室から‎ > ‎each‎ > ‎犬塚 潤一郎‎ > ‎読書断片拾遺‎ > ‎Benveniste‎ > ‎

11.名詞文について

2010/07/24 12:47 に 2010 seibunsite が投稿   [ 2010/07/24 12:48 に junichiro inutsuka さんが更新しました ]

動詞形を持ち込むやいなや、名詞文は、その本来の価値を失ってしまうのであって、その本来の価値というのは、言語表現と物の道理との間に含蓄されている関連の不変性non-variabiliteという点にある。名詞文が一般的真理を定義できるのは、表現を特定のものとする動詞形をすべて排除しているからである。

・・・

「名詞文の価値は、存在の動詞を伴った文と対照させてみるときに明らかになる。名詞文のほうは、二つの名詞的要素の間に等価関係をうち立てる、一種の定性的な等式である。・・・名詞文の述辞は、それが形容詞である場合にも、一つの本質的な価値を持ち、主辞の本質の欠くべからざる一部を表現するのに対して、存在の動詞の補辞complementは状況を示す価値しか持たず、(たとえ恒久的なものであろうとも)主辞のあり方の一つの偶有的性質しか表していないのである」 M.L.Sjoestedt

   p162

Comments