topics‎ > ‎助手室ブログ‎ > ‎

乙訓先生最終講話やらなんやら。

2014/02/05 16:45 に makiko minami が投稿   [ 2014/02/11 19:46 に更新しました ]
こんにちは。
2014年初のブログUP↑です。

1月の生活文化学科助手室は、後期試験や卒論提出、そして入試やセンター試験のお手伝いなど、例年通りに忙しない日々を送っていました。

さらに今年は重大なイベントが。
それは【生文のお父さん】乙訓先生の最終講話です。
今年の3月に定年を迎えられる乙訓先生が、「教職課程と教育研究について」と題して、これまでのご自身の教育・研究活動についてお話ししてくださいました。

学生や本学科の先生方はもちろん、他学科の先生方や卒業生のみなさんもご参加くださり、熱意とユーモアに満ち溢れたお話に、耳を傾けました。




そして、夕方には「囲む会」を開催。
主役のイイキブンでのご挨拶↓



平日開催で、しかも急なお誘いとなってしまったため、残念ながらお越しになれない方も大勢いらっしゃったのですが、お忙しい中時間を割いて、多くの方が足を運んでくださいました。
乙訓先生の人徳ですね。

みなさま、本当にありがとうございました。



さて、来週からは、二校地化に伴う引っ越しモードに突入します。
4月から、新しい環境で無事に授業が始められるよう、パッキングを頑張ります┗(`・∀・´●)
Comments