topics‎ > ‎助手室ブログ‎ > ‎

実践入門セミナーとは?

2013/06/21 20:14 に natsue adachi が投稿   [ 2015/06/17 19:38 に更新しました ]
こんにちは。
今週はじめじめで嫌~な暑さの日が多かったですが、今日はとっても良いお天気ですね!
授業のない学生のみなさんにとってはお出かけ日和?でしょうか♪
 
さて、今日は実践女子大学に入学したら必ず通る道?!
1年生の必修授業、実践入門セミナーをご紹介します(^○^)
学科によってや、年度によって少しずつ授業内容が変わるのですが、
今年の生活文化学科1年生は授業でこんなものが出来上がりました!
 
100人の学生一人ひとりが書いた書評をまとめたものです!
心理学・国語教育学・幼児教育学・社会情報学・音楽教育学という5クラスに分かれて、
各分野の本を読み、書評を書きました。
 
 
毎週の授業で、クラス内発表、ディスカッションをしたり、何度か清書をして仕上がった書評。
 
今週の授業で10人ずつのグループごとに発表が行われました。
自分が読んだ本を、文章で表現したり、人に伝える難しさも学べる授業となっていたようです。
 
書評の掲示のおかげで、普段は少し寂しい廊下も明るくなり、大好評となっています~(*^。^*)
 
入学を検討中の高校生の皆さんには、7月のオープンキャンパスでご覧いただけます☆
在学生の皆さんも研究室に来る際にはぜひ見てみてくださいね♪
 
PS、助手室の稲や植物がすくすくと育っています!!
   そちらのご報告はまた後日・・・。
 
 
Comments